除毛と脱毛の違い

除毛と脱毛、その違いを皆さんはご存知ですか?
大雑把に言うと、両方とも毛を除去するということになるのですが、
細かく言うと、次のような違いがあります。
●脱毛とは毛を根元から抜いてしまうこと
たとえば毛抜きで毛根から引き抜いてしまいます。
これが脱毛です。
手段としては、前述した毛抜きによるもの、脱毛ワックス、脱毛器などが上げられます。
これらの方法は、基本的に毛を引っ張って抜く事になりますので、とにかく痛いです。
よく眉毛の手入れなどで、抜くのに慣れれば痛くないなんて言うのは良く聞く話ですが、
それは感覚が麻痺しているだけなので、肌自体はダメージを受けているのです。
●除毛とは、皮膚の表面に出ている毛を処理すること
こちらは、あくまで剃る、分解する等の手段を持って表面上の毛だけを処理するものです。
主にカミソリを使って剃ったり脱毛クリームやローションを使って毛を分解したり、
光脱毛などと呼ばれる熱線で毛を焼き切る方法もあります。
こちらも肌表面に刃をあてたり、特殊な薬剤を皮膚に直接塗布したりと
肌へのダメージは当然ありますので、処理後の保湿は欠かさないようにしましょう。
このように、毛根を処理するかどうかで呼び方は変わるようです。
なお、抑毛と言う単語もあり、専用のクリームやローションで除々に毛を細くして
毛の発育を遅らせるという方法もあります。
うまく使い分けたり、併用したりして、ご自身にあったより効果の高い組み合わせを
見つけられてはいかがでしょうか。

関連記事